メンタル激よわ絵描きのナナミルシア(七海ルシア)のイラスト、ドラゴン・モンスターイラストを展示しています。観覧はPC推奨です。

−VECTORFORCE TOP− 七海るしあ(ルシア)の馬・ドラゴンのイラストサイト

2019年07月21日

フリーランスのお話:ちょい脱線/「人は肉体を意志どおりに動かせているか」

突然ですが私は、

「人間はどこまで自分の意志で自分の肉体を動かせるのか」

というのに非常に興味があります。

「全然フリーランスと関係ないやん!」と思われそうですが(苦笑)

過去の日記でも、自分のタスクの優先順位を決められない等、
非常に「自分の扱い」に苦労している事を、書いてきました。

なぜ「自分の肉体が自分の意識どおりに動いてくれないのか」


これはスポーツとかじゃなくて日常の行動も差しています。
例えば

「今日は、AとBとCという作業をやるぞ!」とか
「今日は、掃除を徹底的にやるぞ!」とか

朝に目標を立てたします。

ですがその日の夜には

「全て達成できなかった」
「思った以上に進まなかった」
「というか取り掛かることもできなかった」・・・ガッカリ

なんていう人は多いと思います。

自分もよくこれに陥ります。


なぜ、自分の意志と目標は定まっていたはずなのに、
それが実行・達成できなかったのか。

内容は決して難しすぎる訳でもなく、体さえ動けば、十分に行えたはずなのに。

これで大抵の人は、自分で自分を責めてしまうことでしょう。


でもちょっとまって。

十分に時間も有り、出来たはずなのに、
自分の意志の目標に対して、なぜ体を思い通りに動かせなかったのか。

と疑問に思う人は少ないんじゃないでしょうか。


これは、自分の意志が弱いとかではなく、
肉体への指令や伝達が弱くて、行動させることが出来なかった、ことだと考えます。

なのでまず自分を責めるのは止めることにしましょう。


まず肉体を自分の思い通りに動かすのは、とても大変。ということを認識します。

しかし自分の体なのに、なぜ自分の意識どおりに動いてくれないのか、

とても不思議ですよね・・・。



よくある自己啓発系の本によると、
「潜在意識」「日頃の習慣」に行動の9割以上は支配されているそうで。

習慣にそって動く方が、脳はとても楽ちん。
なにかに取りかかろうとすることを非常に嫌うんだと思います。

ちなみにここは、自分の体、は脳もひっくるめて「自分の肉体」とします。


自分が意識できるのはまさしく今考えてる意識上の、ほんのわずかな部分だけでしょう。

それに対し、命令したい肉体は「脳も含めての肉体」。これは手ごわいはず。

まず我々は自分の肉体という、強大な敵を相手にしなければなりません。


まさに「自分の敵は自分!」





しかし、好きな事に対してなら、すぐに取り掛かれたり、
夢中になって何時間も没頭できるわけです。


ですが仕事となると、急に億劫になったり、手につかなかったり…。

何故なかなか取り掛かれないんだろう(体が動かない・別の行動をとる等)・・・
と言う方も多いはず。

そこで冒頭の
「自分の意志で自分の体を動かすにはどうしたらいいか」

「解決策」はあるのか?

いろんな事を試して、少しでも思い通りに肉体を動かす方法を探したいと思うのです。

尚、まだ疑問に思っているだけで、
具体的な「解決案」はまだ有りません(苦笑)。



ちなみに今やっていることですが、まず
「自分の意識」と「自分の肉体」を切り離し、
それぞれに分けて、日記に書きだすことにしました。

王国に例えるなら、
「自分の意識」は王さま
「自分の肉体(行動)」は国、または兵隊。

やはり王様なら自分の思い通りに国を動かしたいですよね。


今日の王様の指令&目標は〇〇〇と△△△である。
さて、兵隊をどう動かせば、目標は達成できるだろうか?

という感じです。


擬人化することで客観的に捕えられると思います。

上手く達成できなかった時は、兵隊のせいにしてしまいます。
どこにでも言うことを聞かない人はいますから(笑)


この日記がどう影響してくるのか、また次回に。それでは。



posted by 七海ルシア(ナナミルシア) at 02:40| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

−VECTORFORCE TOP− 七海るしあ(ルシア)の馬・ドラゴンのイラストサイト