メンタル激よわ絵描きのナナミルシア(七海ルシア)のイラスト、ドラゴン・モンスターイラストを展示しています。観覧はPC推奨です。

−VECTORFORCE TOP− 七海るしあ(ルシア)の馬・ドラゴンのイラストサイト

2019年12月27日

空前の副業ブーム!フリーランスとしてイラストレーターは有りか無しか?

こんにちはフリーランスで絵を描いて生活している、七海ルシアです。

最近は年金破たんの話題もあってか、副業を始める方が増えてきています。

副業でなくとも、掛け持ちでバイト・パートをしている人も多いのではないでしょうか?

もしくは早めに独立して自営業・フリーランスを目指してる人多いと思います。

さて今後フリーランスで伸びて行く分野を考慮して、オススメをズバリ言いますと、

1・IT分野、プログラミング系。

2・英語・英会話系。

3・動画編集系。


です。



プログラミング系は一部では終わったという人もいますが、むしろ今後、人手不足が予想されており、「仕事に困らない」分野です。

あのソニーも優秀なエンジニアを年収700万円で引きぬく、と言うぐらいですし、すでに人手が足りないところもあります。

・・・まあ優秀な方だったらアップルやグーグルに就職すると思いますが・・・
(申し訳ないけど、年収700万円は安いほうです)

今後、再就職としても有利ですし、フリーランスでも活動しているというのが、プログラマーの強みだと思います。

大体6か月あればスキルが身に付くと言われますので、転職を考えてる方もコッソリ初めてみてはいかがでしょうか。




英語・英会話も「仕事に困らない」分野です。

ツイッターで見てると思いますが、海外の論文を翻訳してツイートしてバズってるものが多いです。

海外のニュースや情報をまっ先に発信できるのは強みであり、企業も欲している分野です。

また有名なYoutubeの中には海外進出したい人も多く、そっちの方からも仕事も得られるのではないかと思います。

ちなみにニュース等の翻訳と英会話ではちょっと分野が違うので、英会話から入った方がいいかなぁという感じです。






3番目の動画編集系ですが、こちらもまだまだYoutubeが伸びると予測されているからです。

実際、年収何千万、何億クラスのYoutuber、動画編集を外部委託している方がほとんど。

今後もしかしたらAI編集、自動編集が進むと言われていますが、ここで候補にあげたのは、比較的かんたんに始められるからです。


ただし本格的にPCで編集するとなると、編集ソフトは商用ライセンスが必要なものもあり、

ソフトの購入など、少し初期投資がかかります。

ですが小銭稼ぎをしつつ、自分の動画編集のスキルも磨けるので、

そのまま動画投稿主になってノウハウを教えてしまうのも有りだと思われます。







さてさてここまで描いてきて、

「イラストレーター」が候補にないじゃん!!

と思われると思います。

もちろん副業として有りだと思います。

でも自分が8年近く続けてきて思ったことは、

稼ぎの上限がちょっと低い、ということと、意外と重労働、と思ったからです。

プログラミングや英語はクライアント様によって1,000万から3000万、それ以上狙える職種です。

動画編集も自分が後々Youtuberになれば、もっと行ける可能性があります。


しかし「イラストレーター」はまず年収1000万行くまでが、かなりの難関だと感じます。

自身のスキルにも非常に左右されます。

ほとんどの方は到達してないのではないでしょうか。

自分も月収100万越えるまで、6年かかりました。

芸術的な「アーティスト」や時代に乗った「漫画家」であれば、何かの拍子にブレイクするかもしれませんが。

どちらにしろ、生活していくためには、ずっと描き続ける必要があります。

印税だけで食べていくにも、それ相応に量をこなす必要が出てきます。

若いうちはいいのですが、漫画家さんが50代で腱鞘炎などで苦労されてる方を見ると、

かなりの労働、ではなかと思います。


これが上記の候補から外した理由であり、

収入が大きく伸びる可能性が低く、安定度も低いので「無し」というのが答えです。



しかし、フリーランスとしてこれ一本に絞るのはオススメできない、というのが理由であり、

もちろん、絵を描くのが好きで、本職をしながら副業としてイラストレーター、とかだと良いと思います。

それでも絵を描くのが好き!なんとか売れたい!

というのなら、まず時代のブームに乗りながら、ファンを増やしていくことを優先してみましょう。

独学で、オリジナル一本で進むというのは、有名な絵描きさんにサポートしてもらうでもない限り、なかなか難しいです。

毎年次から次に新しい絵描きさんが出てくるので、もたもたしていては置いていかれます。

比較的、今人気のマンガ、ゲームに乗っかって少しずつコアなファンを増やしていくようにしましょう。

ツイッターでいくらフォロワーが多くてもコア層がいないと意味がありません。

以前、フォロワー40万人の人が、クラウドファンディングをやったら8人しか集まらなかった、という悲劇もあったように、

フォロワー数は過信すると痛い目に合います。


いかがでしたでしょうか。

イラストレーターといっても、自分が得意でないジャンルの仕事が来ることも多いです。

そのためにも「好き」という気持ちだけでなく、常に学習して知識を深めていくのは、プログラミングや英語学習と同じです。

かんたんな気持ちで、がっぽり稼げる、という職業ではないので、

その辺は覚悟して挑む必要があると思います。





posted by 七海ルシア(ナナミルシア) at 03:07| Comment(0) | 絵描きの脳みそ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

−VECTORFORCE TOP− 七海るしあ(ルシア)の馬・ドラゴンのイラストサイト